成田空港駐車場ランキングトップ5

第1位 成田空港パーキング

  • 創業35年の信頼と実績でナンバーワンの安心・安全

  • 迅速な個別送迎で面倒なロスタイムがありません

  • 35年間継続されてきた「安全」を徹底しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

成田空港パーキングに対するみんなの口コミ

毎年こちらのパーキングを利用させていただいています。なんといっても送迎が早く、スタッフやドライバーさんの対応もいつも親切...
初めてこちらのパーキングを利用した時、今まで利用したパーキングと比べて非常に好印象だったことを覚えています。出発時・到着...
成田空港パーキングを旅行のたびに利用して10年ほどたちます。送迎が非常に早く、二人でも一台の車でゆったりすることができま...

万全のセキュリティーで充実した管理体制

成田空港パーキングは、経験豊かな信頼のスタッフによる顧客に密着したサービスで、リピーターが多い駐車場です。確かな実績のある万全のセキュリティーで、顧客の大切な車を守ります。

第2位 Jパーキング

  • 要望に合わせて選べるプランを用意しています

  • プランの料金設定も幅広く用意されています

  • パーキングは空港までのアクセスも近く好立地

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

Jパーキングに対するみんなの口コミ

成田空港を利用するときはいつもこちらのパーキングを利用しています。こちらではプランも3つから好きなものを選べ、最安値のプ...
成田空港に行くときに利用したい駐車場を空港から比較的近い場所で探していて、今回はJパーキングさんを利用しました。好きなプ...
いつも成田空港に行くときはこちらを利用しています。こちらではプランも料金設定も幅広くあり、他パーキングではないようなサー...

他のパーキングにはないサービスが満載

Jパーキングでは、他のパーキングにはないサービスが満載で、屋根付きガレージで大切に保管してくれたり、さらには完全手洗いによる洗車が無料など、嬉しいサービスが充実しています。

第3位 abcパーキング

  • 料金プランも豊富にあり料金設定も格安でお得

  • 成田空港までのアクセスも抜群で便利に利用できる

  • 専用車による無料送迎を敏速かつ安全送迎に努力しています

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

abcパーキングに対するみんなの口コミ

早朝の飛行機を利用したく、早朝から営業していて成田空港の近くにある駐車場を探し、こちらのabcパーキングさんを利用しまし...
成田空港を利用するにあたり、空港まで近い駐車場を探していたところ、こちらの駐車場を見つけました。料金もとても良心的な設定...
以前にもこちらのパーキングを利用したことがあるのですが、今回は初めてネットから予約をして利用してみました。ネット予約限定...

総会員数が圧倒的に多くリピーター率も高い

abcパーキングの総会員数は10万人と圧倒的に多く、リピーター率も非常に高いなど、多くの方々に支えられ利用され続けています。

第4位 成田ファインパーキング

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

成田空港ターミナル受け渡し専門の駐車場

成田空港ターミナル受け渡し専門駐車場の成田ファインパーキングでは、専門スタッフが車の空港到着を出発ターミナルで迎えてくれるなど、通常駐車料金クラスで空港引き渡しをしてくれます。

第5位 ココパーキング

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

成田空港での駐車場をお得に利用するなら

ココパーキングは成田空港のすぐ近くという好立地にあり、使い勝手も抜群の便利な駐車場です。顧客のニーズに合わせたプランも複数用意されており多くの方が利用しています。

成田空港の年間利用人数

紺のオープンカー成田空港と言えば、日本の玄関と言っても過言ではないほど、様々な国の様々な人々が毎日行き来しています。
そこで気になるのが、年間どれぐらいの人が利用しているのか?という点。
答えはズバリ4,000万人となります。
(厳密には4,000万人を切るぐらいですが)
一時期、東日本大震災の影響で、利用者数は減少してしまいましたが、復興と共に徐々に利用者数を増やしているのが、ここ数年の動きになります。

さて、4,000万人も年間で利用するとなると、近隣施設の混雑具合も気になってきます。
例えば駐車場。
成田空港の駐車場を近隣で探すとなると、混雑など色々と苦労が出てしまうこともあるわけです。
基本的には公共交通機関を利用して足を運ぶことがベストではありますが、なかなかどうして…と都合が付かない人も。
ともあれ、成田空港の駐車場でオススメの業者はいくつもあるため、こういった穴場的なところを探して、上手にこの混雑を避けて旅を楽しみたいところです。

駐車場の料金相場も業者によってまちまちですし、サービス内容(成田空港までの無料送迎など)も大きく異なります。
車で成田空港に向かう場合は、しっかりと駐車場のリサーチをすることをオススメします。

あると便利な旅行グッズ

青い車「旅のお供に」という言葉をよく耳にします。
食べ物だったり、便利グッズだったり、色々な旅のお供が存在するわけで…。
ここでは、旅行に持っていくと便利なグッズをいくつかピックアップして紹介をしていきます。
特に海外旅行を始め、遠方へ長い旅になる場合、必ず役に立ってくれるはずです。

まず紹介したいのは「圧縮パック」です。
知る人ぞ知るアイテムのため、何を今更という人も多いかもしれません。
が、それにも関わらず利用をしていない人が多いのも事実。
昨今は、衣服専用の圧縮パックも登場しており、どうしてもかさんでしまう着替えの服を最小限に小さくすることができます。
そして何よりも匂いが外に漏れないという最高のメリットが。
旅行先で着替えた汚れた衣類というのは、どうしても匂いが気になってしまいます。
それを閉じ込めることができるわけですから。
ちなみに、今の圧縮パックは封を閉めて上から押し付けるだけで圧縮ができる仕様になっているため非常に楽です。

続いて紹介したいアイテムは「携帯用の足置き場」です。
言葉だけでは伝わりにくいかもしれませんが…簡易的に、そして持ち運びができるオットマンといったところでしょうか。
飛行機、電車、バスなどの身動きの取れない状況が続くことになり、エコノミー症候群のリスクが発生してしまいます。
それを回避する意味でも、非常に役立つアイテムと言えるでしょう。

グッズとは話が逸れてしまいますが…「便利」繋がりで駐車場について触れておきます。
空港にある駐車場は料金が高いため便利とはいえません。
そこで…成田空港の駐車場は近隣に多く店舗を構えており、値段も安く意外と便利です。
繰り返しになりますが…成田空港の駐車場はオススメできないため、こちらの利用も視野にいれておくとよいかと。

パスポートの更新について

水色の車

パスポートの有効期限は、5年と10年の2つの種類が存在します。
何れも「期限」があるわけですから更新を行っていかないといけません。
そして、初めて更新(切替発給という)をするとき、「何をどうしたらよいのか分からない」と漠然な不安を始め…色々と抱えてしまうものです。
ですが、行う作業としては簡単なため、身構えずに順次対応をしていきましょう。

さて、更新をするとき一番注意をしておきたいことがあります。
それが有効期限内に更新を行うということ。
一度、有効期限が切れてしまうと、その後は新規発行という形になってしまうため、用意する書類など手続きの面で面倒なことになってしまうわけです。
しかし、有効期限の1年以内に更新手続きを行えば、新しいパスポートが簡単(面倒さは新規発行より軽い)に発行することが。
(もちろん「5年」「10年」以内に海外へ足を運ぶ可能性が高い場合に限りますが)

ちなみに、パスポートは新規発行のときは約10日間と言われています。
では、先程、紹介した更新の場合は、どれくらいの期間を要するのか?ですが…。
ズバリ約10日間になります。
発行までの期間は、新規でも更新でも、一緒ぐらいということは頭に入れて置きたいところです。
あくまでも、新しいパスポートを発行するための手続きが更新の方が負担が軽いということです。

いずれにせよ、パスポートの新規発行、更新共に面倒な作業で時間を要するため、早めに対応しておくことが大切になります。

海外旅行保険の仕組み

紫の車

海外旅行に行く前、必ず準備しておきたい「海外旅行保険」。
この保険の仕組みはどのようになっているのか?を見ていきましょう。

基本的な考え方は、一般的な保険と同様です。
保険料を支払い、トラブルが発生した場合、その補償をしてくれる金融商品となります。
したがって、海外旅行で、盗難にあった、怪我をしてしまった、死亡をしてしまったなどが発生した場合、保険会社へ連絡することで対応をしてくれるということ。
これ以上でもこれ以下でもありません。
トラブルに発展してしまった場合は、速やかに保険会社へ連絡し、どうしたら良いのか?の指示を仰ぎましょう。

海外旅行保険の仕組みで注意したい点は…その補償内容になります。
先程挙げた、盗難、怪我、死亡などは基本的な内容なので、特に問題はないでしょう。
しかし…「帰りの飛行機が天候悪化のため飛ばす…現地で足止めを喰ってしまった場合の補償」というものを考える人は意外と少ないです。
この場合、宿泊料金を全額負担してくれるような商品も存在するため、しっかりと選択しておきたいところ。

つまり、海外旅行保険は、盲点になってしまうような部分も多く、いざトラブルになってしまったとき、意外と「役に立たなかった」ということが多いです。
したがって、旅行前、しっかりとシミュレーションして、然るべき保険に加入するようにしましょう。

▲ ページトップへ